Fululu古民家山岸邸-撮影スタジオ-

Fululu古民家山岸邸  埼玉県飯能市の昭和20年代から残る民家を利用したハウススタジオです。管理人だから知っている季節感のあるスタジオや付近の情報など写真を交えお伝えしています。(ましやま)

Fululu古民家山岸邸-撮影スタジオ- イメージ画像
母屋は昭和20年代に建てられ当時のまま残る平屋の一軒家でございます。付近には懐かしい風景も残りスタジオというより『田舎のおばあちゃん家』のようです。古き良き昭和時代のドラマシーンや趣味の写真撮影にもご利用頂けます。

更新情報

南の縁側の向こうにある畑を突っ切って道路向こうにある坂道を下って行くと東京の青梅から流れる成木川に行ける。道端には薄紅色のコスモスが咲き始め、川音が聞こえてくる頃には濃い紅色が土手一面に現れます。曼珠沙華 彼岸花と呼ぶことが多いようですが、今年も彼岸入り
『道路向こうのコスモスが咲く坂道を下ると』の画像

縁側から見える青く高い秋の空、庭先にはみかんや柿の実がなる果樹畑があり、玄関を開けるとまだ蚊取り線香の香りがする。河原の土手には彼岸花が咲く穏やかな季節がやってまいりました。ここは昭和20年代後半に建てられた懐かしい平屋の一軒家でございます。土間の台所では
『縁側を抜ける心地よい風』の画像

↑このページのトップヘ